ラミクタールのパッケージ
ラミクタールの錠剤

ラミクタールは元々抗てんかん薬として開発されましたが、その過程で双極性障害にも効果があることがわかりました。当サイトでは抗てんかん薬としてのラミクタールに焦点を当てて解説していきます。

ラミクタールとプロポフォールと睡眠薬について

抗てんかん薬の種類のひとつであるラミクタールであり、転換以外にも双極性障害においての気分安定薬でも、病院で処方をされることがあります。

鎮静剤の一種であるプロポフォールは、中枢神経の抑制作用があります。その作用の働きを持って、睡眠を促す働きをすることにもなります。人間への投与によってほんの数十秒ほどで効果が出るものであり、睡眠作用の早急さからも、手術のときなどの全身麻酔に利用をすることがあります。静脈に点滴として使われるのが一般的であり、患者さんの状況や症状を見ながら、合わせての投与になります。

即時性での効果は医療でも役立つものですが、プロポフォールはそれだけ麻薬性の強さも強調されるものです。効果が高く即効性があるだけに、医療現場での取り扱いとしても、細心の注意が必要となってきます。

中枢神経を抑制する作用があるのがプロポフォールであり、肺や心臓などの中枢神経系に繋がる心拍機能に対しましても、大きい影響を与えることになります。強力な麻酔性を持つ鎮痛剤でありますし、単体だけでも強烈な作用です。そのように強い鎮静剤の麻酔作用を利用するにあたり、たくさん使いすぎると、体には、副作用が出てくることになります。

プロポフォールをノア上な投与をすると、心臓の鼓動が遅くなりますので、心拍数がどんどん低下して血流が悪くなります。心拍数の低下は、肉亭の全体に悪影響をもたらします。

睡眠薬は眠りへと誘導しますが、プロポフォール程の即効性はないですし、睡眠薬にもレベルがあります。30分から1時間ほどで眠くねり、3時間ほど眠れるものの、そのあとで目が冴えてしまうなど、その人にあった睡眠薬を選ぶ必要があります。