茶のしずく石鹸は限りなく肌に優しい石鹸です

★茶のしずく石鹸が人気のワケは...

農薬不使用にこだわりました
茶の木はとてもデリケートな植物。農薬や化学肥料を使わずに育てることは、並大抵の苦労ではありません。
それでも、大切なお客様の肌に直接使って頂くものだから、茶のしずく石鹸は農薬不使用の茶葉にこだわり続けます。


カテキンに優れた茶葉
お茶の中でも鹿児島の茶葉はカテキン類(タンニン)に優れていると言われています。
茶のしずく石鹸は、鹿児島の「茶匠」熊田氏が農薬を使わずに育てた茶葉を使用。 その茶葉の中でも、「茶匠」こだわりの二番茶のみを厳選使用しています

生クリームのようなもっちり泡
『茶のしずく石鹸』の最大の特徴は、「弾力」と「きめ細かさ」をあわせ持つ泡立ち。 茶のしずく石鹸の生クリームのようなもっちり泡が、肌をやさしく包み込み、汚れをしっかり吸着させて落とします。
茶のしずく石鹸の肌を傷つけない「泡洗顔」は、肌の生まれ変わりをサポートし、透明感あふれる肌へ導きます。

詳細はこちら↓↓

茶のしずく石鹸/お得な初回限定セット

悠香(ゆうか)「茶のしずく石鹸」は口コミで高評価の洗顔石けん。真矢みきのCMでもおなじみ!2007年の石鹸部門 売上1位を軒並み制覇し、通販で話題の薬用お茶のしずく石鹸です。無農薬の葉から抽出した良質な茶カテキンが肌の老化、とくにシミ・シワをケアしてくれるます!

★茶のしずく石鹸初回限定キャンペーン!今なら泡立てネットなどプレゼントつき!

★初回限定キャンペーン!
茶のしずく石鹸(2コセット)
通常3,960円⇒2,960円! ※泡立てネット&洗顔DVDつき
茶のしずく石鹸(4コセット)
通常7,920円⇒5,920円! ※スキンケアサンプル3種&泡立てネット&洗顔DVDつき

茶のしずく石鹸の使用方法

*茶のしずく石鹸をネットに入れて、ぬるま湯でしっかり泡立てる。
*もちもちした茶のしずく石鹸の泡で洗顔開始。
*しっかり泡を落とす。メイクをしている場合は2回洗顔がオススメ。

さっそく、茶のしずく石鹸でメイク落としにチャレンジ!
専用ネットのおかげで、泡立てはアッと言う間に完了。

茶のしずく石鹸の泡はとっても弾力弾力があり、モッチモチ!
手を逆さまにしても全く泡が落ちません!

もちもちした茶のしずく石鹸の泡を顔にのせて洗顔開始。
なんと、こすらずにメイクがガンガン落ちます!

茶のしずく石鹸の使用感は、洗顔後に肌がキュッとなる感じ。
しかも、メイクもしっかり落ちてます!

何より、気になる毛穴も引き締まる感じで、目元の色素も2~3日でスッキリ!

茶のしずく石鹸オススメですよ♪

公式サイトはこちら⇒▼悠香の石鹸セット2,000円OFF!▼

当サイトのオススメ情報


当サイト内最新のコンテンツ

正しい洗顔はスキンケアの基本

1、ヘアーバンドなどで髪をまとめてぬるま湯でまず優しく素洗いをします。


2、洗顔料または石鹸をよく泡立てます。肌をゴシゴシこすらないように泡で優しく包み込むように洗います。


3、すすぎを充分に行います。水をバシャバシャかける感じで充分行います。
すすぎ残りは肌トラブルの原因にもなりますので、20回は流すことをおすすめします。


4、タオルで水分をふき取ります。この時もこすらないように優しく押し付けるようにします。
タオルを顔にあてるだけで自然に水分を吸収してくれます。


5、化粧水をたっぷりとつけて水分を補給します。


洗顔をする時、タオルで顔を拭く時など、ついつい力を入れてゴシゴシとこすってしまいがちです。

洗顔料を顔につけたら泡でそっと円を描くように撫でるように洗って下さい。

タオルで拭く時も顔にポンポンと押し付けるだけで充分に水分をぬぐうことができます。

毎日こすったり肌を刺激するような洗顔していると、皮膚が硬くなってしまいくすみの原因になってしまいます。



しっかり洗顔

お化粧をしているときはしっかりクレンジング剤でメイクを落としてから洗顔をするのが基本です。

日焼け止めクリームや下地、ファンデーションが肌、毛 穴に溜まってしまうとよくありませんし、お化粧をしている間中、肌はスムーズに呼吸ができません。そのため、洗顔をします。

お化粧をしてない日も洗顔の必 要ってあるの?と思う人もいるかと思いますが、洗顔は必要です。

日中、部屋にいるだけであっても肌は汚れていきます。空気中の埃や雑菌が肌にも付着します し、分泌された皮脂などで、案外肌は汚れてしまいます。そのため、一日の肌の汚れを落とす目的で入浴時などにしっかり洗顔をしましょう。

お茶の洗顔石鹸の効果

お茶に含まれるカテキンには高い抗酸化効果があります。この抗酸化効果というのは、老化を食い止める効果があり、美容にはうってつけなものなのです。

お茶 の洗顔石鹸にもよりますが、他にもアロエエキスが入っていて保湿効果を高めてくれたり、お茶そのものが持っている殺菌効果も期待できます。

また、お茶には 乳化効果もあります。そのため、クレンジングが必要ない!というお茶の洗顔石鹸もあります。ダブル洗顔は手間がかかるだけではなく、肌へのダメージ も少なからず与えてしまうものですから、これは嬉しい効果です。

お茶の香りは精神的にも落ち着きを与えてくれます。一日の疲れをお風呂に入って癒しなが ら、お茶の洗顔石鹸を泡立て、お茶っ葉の香りとともに洗顔するのはリフレッシュ効果もあります。

お茶の洗顔石鹸の使用法

お茶の洗顔石鹸の使い方は、普通の洗顔石鹸で洗顔するのと同じような方法で構いません。特別何かが必要ということもありません。

もともと石鹸を泡立てるのが苦手な人は、泡立てネットがあると便利だと思います。洗顔石鹸を使う場合は、よく泡立てることでその効果が現れますから、泡立てに手を抜かないようにしましょう。また、ダブル洗顔をしなくてもいいものは、石鹸が肌に残ることがないように、しっかりとすすぎをするようにしてください。

お茶の洗顔石鹸に限らず、洗顔に石鹸を使う場合には、その保存方法だけはきちんとしておきましょう。浴室に無防備に転がしておいたのでは不潔ですし、蒸気などで洗顔石鹸が溶けやすくなってしまいます。

洗顔石鹸を使い終わったら、石鹸についた泡を落としてよく水を切ってから、風通しのよいところに保管するようにしましょう。

特に梅雨の時期は湿気が多くジメジメしてしまいますよね。顔を洗う目的の石鹸がカビだらけ...なんて状態ではキレイになるものもなりません。美肌を手に入れるためには、こうしたちょっとした手間を惜しまずに行うことも必要です。